• ホーム
  • アフターピルとルナベル、少量の出血が続く場合

アフターピルとルナベル、少量の出血が続く場合

アフターピルは、しっかりと避妊を行っていたにも関わらず失敗した場合や、最初から避妊せずに性交渉を行った場合に、最長で72時間以内に服用すれば妊娠を回避することができる緊急避妊薬です。
アフターピルを服用した後、早い人で1~3日、遅くても3週間以内の間に出血すれば妊娠を回避できたことになりますが、3週間を経過しても出血しなかった時には妊娠している可能性が高いため早めに産婦人科などで診察を受けるのが望ましいとされます。
アフターピルの服用後は、生理周期も狂ってしまうために本来なら生理が来る機関でないのに突然来たり、思いがけない時に排卵したりするので、数日出血が続いたり生理周期が安定するまでの2~3か月の間にセックスを行うと妊娠する可能性があるので注意しましょう。
また、定期的に服用することで妊娠を回避できる低用量ピルというのがあるのはご存知の人も多いと思われますが、ルナベルなどの低用量ピルは、妊娠回避以外にも子宮内膜症や生理痛、PMSなどの症状を緩和してくれる作用があります。

また、更年期における体の不調や、骨粗しょう症などの加齢により女性ホルモンが減少することで起こる女性特有の体の症状にも効果的だとされています。
ただ、子宮内膜症に伴う月経困難症や、機能性月経困難症の症状がある人がルナベルなどの低用量ピルを飲むことで数日不正出血が見られる場合があります。
それに伴い腹痛や下腹部痛などの症状も現れる場合には一度婦人科で相談するのが良いでしょう。
一度専門クリニックで診てもらうことで安心できますし、ピルには女性ホルモンが含まれているため、服用することでホルモンのバランスが崩れて出血が起こるのはあまり珍しいことではありません。
しかし、場合によって子宮や卵巣などに病気を抱えているために出血を起こしているケースもあるので、何かおかしいと感じた場合にはすぐに医療機関で診てもらうようにしましょう。

関連記事
アフターピルで生理を遅らせ継続的に服用する 2020年01月04日

アフターピルとは、女性ホルモン配合された緊急用の避妊薬です。低用量ピルは、性交渉の前から服用して避妊効果を得るものですが、アフターピルは、性交渉後に服用する緊急的な避妊方法です。このアフターピルを服用すると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが整い、子宮内膜を発育させて排卵後のような状態を作り出し...

アフターピルを嘔吐した場合はレディースクリニックへ 2019年10月30日

アフターピルは、性交渉を行って避妊に失敗してから72時間以内に服用することで女性ホルモンのバランスを崩し、妊娠しにくいホルモンバランスに変えるものです。しかし、アフターピルを服用後に嘔吐してしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。アフターピルは服用後の副作用として、嘔吐や嘔吐感、むくみや頭痛とい...

アフターピルと殺精子剤とセックスレス 2019年12月10日

アフターピルは緊急避妊のために使用する薬で、ホルモンバランスを変化させることで精子が受精するのを防ぐ役割があるので服用すると90%以上の確率で避妊することができます。しかし、24時間以内が1番避妊率が高くなっていて、95%以上ですが、72時間では75%程度の避妊率になるので、膣内に射精されたことに気...

アフターピルの個人輸入と月経過多について 2019年10月03日

薬を個人輸入する場合は、十分な知識を学ぶ事に加えて、安心して購入出来る相手から入手する事が基本です。アフターピルもまた、個人輸入で購入する事は出来ますが、薬が本物で品質が十分である事、仕入れから発送まで一貫した管理が行われている事が欠かせません。アフターピルは通常、身近な医者から入手する事が前提にな...

アフターピルと米国食品医療局について 2019年09月18日

ピルは、1960年に米国食品医療局に認可され世界で使われている経口避妊薬のことです。このうち、アフターピルは、避妊に失敗した際に、ホルモンが配合された避妊薬を内服して妊娠を避ける方法です。従来は、ヤッペ法と呼ばれる中用量ピルを代用する方法がとられてきました。この方法は、1998年に米国食品医療局によ...