• ホーム
  • アフターピルを病院で購入し性行痛を治す

アフターピルを病院で購入し性行痛を治す

アフターピルを病院で購入して性交痛を治すことは可能ですが、一時的に服用するための薬なので繰り返し服用すると血栓症などのリスクが高まります。
性交痛に関しては女性ホルモンのバランスを整えることで対処できるので、低用量ピルを継続的に服用するのが一般的です。
アフターピルは急激に女性ホルモンのバランスを変化させるので、体調不良やむくみなどが起きやすくなります。
性行為をしたときに痛みがある場合には婦人科を受診すると原因を特定して適切に対処することができますが、潤滑ゼリーなどを用いることで簡単に対処できる場合もあるので、必ずしもアフターピルを服用する必要はありません。

ピルに関しては血栓症のリスクの心配があるので、医療機関を受診して、血栓症の初期症状や対処法についてのレクチャーを受けてから飲むとリスクを減らすことができます。
アフターピルは緊急避妊専用の薬で、医療機関では特別な理由がなければ処方を受けることができません。
また1錠あたりの価格が非常に高いのでコストパフォーマンス考えた場合は低用量ピルを飲み続けるほうが遥かに良くなります。
また体への負担については女性ホルモンの量を急激に変化させることで、吐き気や目眩、頭痛が起きやすくなるので、これらの症状が出た場合には鎮痛薬や胃薬を服用することで症状を抑えるしか方法がありません。
吐き気などは数時間我慢していると症状がなくなるので、薬で無理に治療をせずに放置しておく場合もあります。

アフターピルは繰り返し服用すると血栓症のリスクが通常の女性に比べて5倍になるので、長期的に避妊をする場合には必ず低用量ピルなどを服用して、緊急避妊をしなければならない場合にのみアフターピルを使用します。

関連記事
アフターピルの原料と避妊効果について 2020年01月29日

避妊のためのピルにはいくつかの種類がりますが、最もよく使われるのは事前に飲むタイプです。このタイプのピルを三週間飲み続けると排卵しなくなります。その排卵抑制の作用によって避妊することが可能になるのですが、事前に飲み続けなければならないというのがネックです。費用もかかりますし、ついつい忘れてしまうこと...

アフターピルで生理を遅らせ継続的に服用する 2020年01月04日

アフターピルとは、女性ホルモン配合された緊急用の避妊薬です。低用量ピルは、性交渉の前から服用して避妊効果を得るものですが、アフターピルは、性交渉後に服用する緊急的な避妊方法です。このアフターピルを服用すると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが整い、子宮内膜を発育させて排卵後のような状態を作り出し...

アフターピルを嘔吐した場合はレディースクリニックへ 2019年10月30日

アフターピルは、性交渉を行って避妊に失敗してから72時間以内に服用することで女性ホルモンのバランスを崩し、妊娠しにくいホルモンバランスに変えるものです。しかし、アフターピルを服用後に嘔吐してしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。アフターピルは服用後の副作用として、嘔吐や嘔吐感、むくみや頭痛とい...

アフターピルと殺精子剤とセックスレス 2019年12月10日

アフターピルは緊急避妊のために使用する薬で、ホルモンバランスを変化させることで精子が受精するのを防ぐ役割があるので服用すると90%以上の確率で避妊することができます。しかし、24時間以内が1番避妊率が高くなっていて、95%以上ですが、72時間では75%程度の避妊率になるので、膣内に射精されたことに気...

アフターピルとルナベル、少量の出血が続く場合 2019年11月14日

アフターピルは、しっかりと避妊を行っていたにも関わらず失敗した場合や、最初から避妊せずに性交渉を行った場合に、最長で72時間以内に服用すれば妊娠を回避することができる緊急避妊薬です。アフターピルを服用した後、早い人で1~3日、遅くても3週間以内の間に出血すれば妊娠を回避できたことになりますが、3週間...